ハモンド・オルガン・バンド「BANANA NEEDLE(バナナニードル)」

NOTES

ハモンド・オルガン・バンドとしては日本では珍しいベース、ドラムとのトリオ編成。
ライヴは全てオリジナル。
キャッチーで、ポップで、踊りたくなって、熱くなれて、インストだけどムズカしくなく、
盛り上がれるライブ・ステージは大評判!
ハモンド・オルガンの音色は日本のユーザーにきっと気に入ってもらえるはず!
ハモンド・オルガンとレスリー・スピーカーは重たいけど、
バナナニードルの名前を世界に轟かせるために、日々頑張ってマス!


バナナニードル自身のホームページ


メンバープロフィール

市塚裕子 Yuko Ichizuka
ハモンドオルガン/シンセサイザー/作曲

東京都生まれ。5歳からエレクトーンを始める。 20歳の時に機械とアンサンブルする事に限界を感じ、 バンドにキーボードとして加入。 インディーズデビューを果たしアルバム2枚、ミニアルバム1枚をリリース。 バンド解散後、音楽専門学校に入学、ピアニストとしてセッションの日々を送る。 専門学校卒業後ハモンドオルガンに出会い、その音色に深く感動、 自分もこの音色を奏でたいと思いハモンドオルガン弾きに転向、 個人の名義でセッションを行い腕を磨く。 2007年ハモンドフェスティバル全国大会にて最優秀賞受賞。 自身のバンドや都内でのセッションで腕を磨き、単身ニューオリンズへ渡米。 クラブやライブハウスで飛び入りで演奏を繰り返し、賞賛を得る。


三重野テツロウ Tetsuro Mieno
ベース/作曲

大分県生まれ。15歳の時にパーカッションとサックスを始め、 16歳でギター、18歳でベースを始める。福岡の音楽学校に進学。 キューバやアメリカからの来日アーティストの、 サポートやテレビのレギュラー出演など、様々な活動を行う。 20歳の時に単身上京。 CM音楽、映画音楽などの録音、制作に携わりながら、 サンポーニャ奏者の瀬木貴将氏や知久寿焼氏(exたま)などのアコースティック編成からTOMOVSKY氏(exカステラ)などのハードなバンドサウンドまで、 様々なジャンルで活動を行う。 Tomi Lebrero氏など、アルゼンチン、ブラジルなどからのツアーアーティストのサポート。 イギリス、アメリカでの公演など、垣根無く有数のアーティストと、 ジャンルレス、ボーダーレスに活動。 2015年オルガニストの市塚 裕子と出会いBANANA NEEDLEを結成。 Popで踊れて楽しくて、難しくないけど、『なんか良い』をテーマにアレンジ全般を担当。 シンガーのサポートや各種レコーディングなど、活動の幅を広げながらBANANA NEEDLEの普及活動に勤しんでいる。


キムラミツノリ Mitsunori Kimura
ドラムス/パーカッション/作曲

山口県 宇部市出身
幼少期より、家に兄のドラムセットがあった影響でドラムを始める。 中学、高校と地元でのバンド活動をしながらプロドラマーを目指し高校卒業後? 福岡スクールオブミュージック専門学校に入学。 在学中より福岡で様々なバンドでのライブ活動や中洲のクラブ・BARなどで演奏する日々を送る。 2015年7月に当時のバンドにて上京。 所属したレーベルにてインディーズデビューを果たす。 3枚のアルバムをリリースし都内を拠点に活動するも、 2017年2月に解散。 その後、2017年5月にBANANA NEEDLEに加入。 現在、BANANA NEEDLEを中心にライブ活動をする中、 他アーティストのサポートドラム、ドラム講師として活動中